新人レースの買い方③(スタート編)

 次節の浜松は、よいこ組3人目の選手、西翔子選手がデビューします。モトクロス出身で、身長167cm、体重51キロと女子レーサーの中では大柄ですね。バイク経験があるとスタート早いのですが、同じように一つ上の34期の野本選手がモトクロス出身で比較的大柄で、デビュー時はスタートにかなり苦戦してました。1級車乗り換え直前から急に早くなりましたが、西選手はどうでしょうか。検定タイムは、よいこ組の中で一番よく期待しています。師匠は松山選手、助手は米里崇徳選手です。あと雨は苦手とのことです。

 さて本題です。今回はロングハンデのスタートについてです。2年に1度の新人デビューの時や引退選手のレースで発生する狙い目で、私は狙って買っています。
 50Hからのスタートだと、通常はスタートで40Hの選手から離されるのが一般的です。50H以上は、スタートラインからゴール線上を通過するまでにコーナーがあるため速度が減速するのが原因です。いかにスピードに乗せてコーナーを通過していくかセンスと経験がものをいいます。
 新人選手がデビューする時期になりました。新人のレースと言えばロングハンデ戦です。34期の選手は、50H以上のロングハンデのスタートを初めて経験する選手がほとんどです。スタートセンスがある選手であれば、ロングハンデでもうまくスタート切ってきますが、それ以外に選手は、遅れたり、後ろの選手に入れらたり、同ハン外に先行されて展開を不利するケースをよく見かけます。そこで、今回は、34期や33期でロングハンデを経験していない選手や初めてのロングハンデを経験したときのスタートを調べてみました。

 

34期初めてのロングハンデ

ハンデ日付走路STタイミングスタート評価備考
野本 佳章702021.6.770.24早い前の米里崇を入れる
佐藤 大地502021.3.2440.17普通3車大外、内の宮地に乗って2番手S
石川 哲也502021.3.2440.39遅れ60Hの押田和に入れられる
川口 裕司702021.3.22ブチ70.31遅れ外の伊藤正真に先行される
米里 崇徳502021.3.2430.24遅れ外の池田康に先行される
石本 圭耶
上和田 拓海
古城 龍之介
道智 亮介
長田 稚也
早津 康介
深谷 俊太
藤川 竜
山本 翔
横田 翔紀
信沢 綾乃
早川 瑞穂
本田 仁恵
桝崎 星名
松尾 彩

 ロングハンデを経験しているのは、5名だけですね。オンデマンドでスタートをチェックしましたが、やはり遅れる傾向にあります。続きて、33期です。

33期初めてのロングハンデ

ハンデ日付走路STタイミングスタート評価備考
黒川 京介502019.3.2820.05早い最高ハン外
内の松井に先行、前の片岡賢を入れる
中村 杏亮502019.2.1710.18普通最高ハン外
花田 一輝702019.6.2420.32普通最高ハン単騎
山本 将之602019.6.2230.19普通外の石貝に先行
泉田 修佑802019.8.1960.12普通外の滝下に先行
稲川 聖也502019.6.1950.09普通外の深沢隆に先行
吉松 優輝502019.6.960.26普通3車大外、枠なり
青木 隆浩602019.6.960.28遅れ外の田島に先行される
伊藤 正真502019.3.440.22遅れ最高ハン単騎で遅れる
落合 巧502019.3.1150.20遅れ外の押田幸、岡谷に先行される
木山 優輝502019.2.660.17遅れ最高ハン単騎で遅れる
佐伯 拓実502019.4.1560.20遅れ外の水崎の先行される
角 翔太郎502019.6.960.25遅れ外の西崎の先行される
吉川 麻季502019.8.1850.14遅れ60Hの稲原良に入れられる
稲原 瑞穂
金田 悠伽
高橋 絵莉子
田崎 萌
堂免 沙弥
交川 陽子

 33期でもほとんど女子レーサーは、ロングハンデを経験していませんね。経験した選手では、スタートはやはり遅れる確率が高いようですし、着も全体的に振るわないですね。スタートタイミングはあまり関係ないようです。
 同ハン、外の選手に先行される確率は、33期、34期あわせて11走中と6走と高くなっています。

初めてのロングハンデ、スタートセンス無い選手は外して買うのが正解!

特に女子選手は厳しそうですね。遅れた選手を外から先行したり、後ろから入れたりした選手をどう車券に絡めるかもポイントになりますね。

0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です