日本選手権前のラストラン

 来月は日本選手権ですね。日本選手権といえば全レース0オープンで開催され、この大会で優勝することはかえけ値なしの実力日本一のレーサーとなることを意味します。各場持ち回りで開催されるSGの名では一番賞金も高く、年末のスーパースター出場のための最後のポイント獲得の場とあって、選手の力の入れようもかなりのものでしょう。
 そこで今回は、日本選手権の前節に走る選手に注目してみました。気持ちはすでに日本選手権、スタートも無理できない!走りも無理できない!落車に巻き込まれたくない!ということで、次の条件を満たす昨年の選手の成績を調べてみました。

①選手権前の最後の斡旋
②最終日
③良走路
位置の厳しい最高ハンの大外

昨年の成績です。次走は、川口の日本選手権を控えている選手です。

選手名所属日付出走場レース
青山周平2020.10.26伊(ナ)12(優)83
高橋貢2020.10.26伊(ナ)1183
西原智昭2020.10.26伊(ナ)1085
田中賢2020.10.26伊(ナ)983
吉原恭佑2020.10.26伊(ナ)881
鈴木総太2020.10.26伊(ナ)787
田村治郎2020.10.26伊(ナ)686
小林瑞樹2020.10.26伊(ナ)587
中村雅人2020.10.2512(優)85
永井大介2020.10.251185
阿部剛士2020.10.251084
鈴木清2020.10.25983
黒川京介2020.10.25884
高橋義弘2020.10.25786
緒方浩一2020.10.25684
伊藤信夫2020.10.2212(優)85
浦田信輔2020.10.221181
荒尾聡2020.10.221083
浅田慎吾2020.10.22982
浜野淳2020.10.22784
竹谷隆2020.10.22687
松山茂晴2020.10.22582
篠原睦2020.10.23飯(ミッド)8(優)75
久門徹2020.10.23飯(ミッド)775
有吉辰也2020.10.23飯(ミッド)675
岩見貴史2020.10.23飯(ミッド)573
東小野正道2020.10.23飯(ミッド)472
重富大輔2020.10.23飯(ミッド)371
田中正樹2020.10.23飯(ミッド)265
滝下隼平2020.10.23飯(ミッド)162


 地元選手、外来選手、ナイター、ミッド関係なく、思った以上にパッとしないですね。選手権前の最終日はかなり割り引いて買うのが正解ではないでしょうか。
 今年の選手権は浜松開催です。選手権前の節を山陽や伊勢崎で走る浜松選手がいます。特に浜松勢は、すでに気持ちは地元の選手権のはずです。最終日に大外なら思い切って外し買うのはいかがでしょうか。車券購入の参考にしてください。

0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次の記事

浜松SG日本選手権新着!!