SG優勝戦で反則すると

 森且行選手、SG日本選手権優勝おめでとうございます。元スマップの森君、優勝一色となっていますが、車券を買っていた人はたまったものではないですね。
あそこで一気にインに切り込まないと先頭を走る圭一郎選手にインを絞られて万事休すとわからないでもないのですが。荒尾選手は、10月に1本、8月に2本の反則で今日を入れて半年間で4本(←クリック)です。半年間で6本すると不名誉な選手あっせん規制委員会にかけられてしまいます。来年2月4日まではおとなしい走りとなりそうです。

 反則回数もさることながら、SGの優勝戦で、落車、しかも他者を落車させ、そしてあのままいけば二人で優勝、準優勝の確率が高かったわけですから、今後のレースに影響しないはずがありません。少なくとも年末のスーパースターは見せ場ないと考えてよさそうです。

 過去にSGの優勝戦で反則した選手を駆け足で調べてみました。


・2016年12月31日  スーパースター 川口
 青山周平 落車妨害  高橋貢 他落 金子大輔 他落

・2013年9月17日  オートグランプリ 船橋
 荒尾聡  落車妨害  田中茂 他落

・2007年4月30日  オールスター 船橋
 佐藤裕二 妨害

意外に少ないく3レースですね。2016年は、衝撃的だったので記憶に残ってます。金子選手は5か月の休養後、それ以降から今日までパッとしないですね。なんと荒尾選手は2度目ですね。

落車させた青山、荒尾両選手の直後のレースを調べてみました。

節後2節後
青山周平1/23~一般(伊)1,1,4,41/31~一般(川)2,4,1,5
荒尾聡9/21~G1(飯)3,1,5,2,89/24~一般(飯)2,1,1


荒尾選手の次節は川口は休場となりそうですが、それ以降もメンバー少し揃うと凡走となりそうです。

+1

前の記事

対戦成績の悪い選手

次の記事

祝儀レース?